戻る

広瀬 耕平

Hirose Kouhei

yokushi.jpg

略歴
1978年 千葉県生まれ。
現在TOTEM POLE PHOTO GALLERYのメンバーとして国内外で
活動中。

TOTEM POLE PHOTO GALLERY


個展/グループ展
2010年 「十六私展 ~私が眼にした一瞬」Gallery LE DECO・東京
2012年 「十一私展 move on」Gallery LE DECO・東京
2013年 「欲視録」TOTEM POLE PHOTO GALLRY・東京
2013年 「欲視録」Ban Photo Gallery・愛知
2014年 「欲視録」Gallery Y・茨城
2014年 「欲視録」1839當代藝廊・台湾/台北
2014年 「寡言の街」TOTEM POLE PHOTO GALLRY・東京
2015年 「欲視録」TOTEM POLE PHOTO GALLRY・東京
2015年 「欲視録」 YOUNG ART TAIPEI 2015・台湾/台北
2015年 「AXIS PHOTO MARCHE 2」 AXIS Gallery・東京
2015年 「欲視録」TOTEM POLE PHOTO GALLRY・東京
2015年 「欲視録」TOTEM POLE PHOTO GALLRY・東京

掲載
2013年 DRUG VOL.23



私は都市の喧騒の中を歩きながら行き交う人々の溢れ出る欲求や、ひび割れるような念いを感じるときがある。 「人間性」とは私達が永遠に意味を求め続ける対象ではあるが、その背景には何があり、全ての行為は何をもって行われるのか。それを追求していけば、それは欲求へと行きつくだろう。またそれは全ての人間がもち合わせる根源でもあるが、振り返ってみると、わずかばかりの人生を歩んできただけなのに、少しの知識によって表面的に判断したり、物事を勝手に都合良くとらえていることに気づかされる。 日頃視ている世界は視ているであろう世界であり、目の前のことを視ているつもりが、視られていると気づいた時、苦を受け入れることができるのだろう。つまりそれは一切皆苦の世の全てを受け入れることでもある。知らずに目を背けている本来あるべき姿を見ることで、私達の在り方を知るのかもしれない。


Walking through the bustle of cities, I sometimes sense an intense longing or dissatisfied feelings from the people on the streets. Humanism is an eternal theme and we have a need to know what it all exactly means. Though it is hard to see what is really behind things and why things are happening, if we seek after an answer, we might end up with words like “desire” or “longing”.We are all human, and we all have a sense of longing. Despite this, we judge things superficially or develop understanding based on the way we want to see things even though we are just passing through this short life. We do actually see things for what they are, but maybe it is possibly the opposite, we are seen. When we realize that we are seen and recognized by others, we might be able to accept the pain that we feel. It also means that we can tolerate the world and accept it as it is, almost like having an answer as to why we are here.

yokushi01.jpg

yokushi02.jpg

yokushi03.jpg

yokushi04.jpg

yokushi05.jpg

yokushi06.jpg

yokushi07.jpg

yokushi08.jpg

yokushi09.jpg