2017年 2/3(金)- 2/5(日)& 2/10(金)- 2/12(日) 14:00ー19:00

「From Tokyo, JAPAN」鈴木信彦・水谷幹治

- Suzuki Nobuhiko・Mizutani Kanji -

tokyojapan.jpg

同時開催: 蒼穹舎  1/23(月)- 2/5(日)
http://www.sokyusha.com



「From Tokyo, JAPAN」

鈴木信彦、水谷幹治が一緒に展示する。
いま、この展示に向けてこうして文章を書いている。

正直、彼らの写真については、いろいろな意味で書きにくい。

鈴木、水谷の写真は理屈とか理論とか、そういう言葉の領域で完結する世界にない。彼らの写真につまらないコンセプトなんて必要ない。圧倒的なイメージだけで見る者の視線を立ち止まらせる。つまり、思考より先に感情へ響いてくる。

その要因のひとつに言いしれぬ色気があるかもしれない。

鈴木の写真からは欲望で満たされた夜のストリートに潜む気配から芳香が漂い、水谷の写真は都市の破片を捉え、黒と白の隙間から醸される諧調が見る者の気持ちをざわつかせる。

つまり、言語化する以前に本能が圧倒され、言葉は彼らの写真に追いつかず、置いてけぼりをくらってしまう。

鈴木、水谷の写真は見る者から言葉を奪い、官能させる。
そして、言葉を見失った私は、酔わされたように陶然となっていく。

……あぁ、やっぱりアニキたちにはかなわねぇや。



高橋 義隆(たかはし よしたか)
ライター、写真批評。「写真の会」会員として、会報誌で執筆。また日本写真協会から発行される『写真年鑑』にてインタビュー記事や書評を担当。2017年初頭に初めての著書『言葉の果ての写真家たち 1960年代以降の写真表現』(仮・青弓社)を刊行予定。


鈴木 信彦

Suzuki Nobuhiko

水谷 幹治

Mizutani Kanji