戻る




2015年10月24日(土)〜11月1日(日)14:00−19:00

Tadeusz Kantor タデウシュ・カントール展   (最終日は17:30より下記トークショー)


●11月1日(日)17:30−18:30 「カントール作品を語る」鴻英良(演劇批評家)●

参加費¥500

kantor.jpg


”20世紀を代表する世界的演劇家の一人”と称される、タデウシュ・カントール(1915−1990)。
戦争と革命の時代を生き、今年生誕100年を迎える
カントール作品を様々な角度より捉えた写真展。
展示最終日には、カントールの翻訳や本人に幾度もインタビューを行ったことのある鴻英良氏を迎え、前衛美術家としての顔も持つカントール作品の幅広い背景を探る。



【タデウシュ・カントール(1915−1990)】

ポーランド(ヴィエロポーレ)生まれ、前衛美術家/演劇家。クラクフ美術アカデミーにて学び(1934−1939)、ドイツ占領時期には地下劇場を設立、実験演劇を密かに行う。代表作「死の教室」「くたばれ!芸術家」などで演劇界に衝撃を与えながら、その幅広い表現方法は絵画や彫刻を始め、アンバラージュやハプニング、舞台装置から人形製作など多技に渡る。1955年に劇団「クリコ2」結成、1960年代より世界各地で公演。1982年に日本初の世界演劇祭「第1回利賀フェスティバル」(富山県)、また1990年にパルコ劇場(東京都)で公演のため2度来日。


【鴻英良】

1948年生まれ。演劇批評家。専門はロシア芸術思想。ウォーカー・アート・センター・グローバル委員、国際演劇祭ラオコン芸術監督、京都造形芸術大学舞台研究センター副所長を歴任。著書に「二十世紀劇場−歴史としての芸術と世界」(朝日新聞社1998)、共著に「反響マシーン−リチャード・フォアマンの世界」(痙草書房2000)他、訳書にカントールの「芸術家よ、くたばれ!」(作品社1990)、タルコフスキー「映像のポエジア」(キネマ旬報社1988)など多数。


【企画/出展協力】鴻英良  【協賛】GRANDESEO http://www.deseo.jp

kan01.JPG

kan02.JPG

kan03.JPG

kan04.JPG

kan05.JPG

kan06.JPG

kan07.JPG

kan08.JPG

kan09.JPG