戻る


『植田正治作品集』

uedabook.jpg

監修= 飯沢 耕太郎、金子 隆一
体裁= A4変形・上製・272ページ
定価= 本体16,000円(税別)

河出書房新社

世界が注目する偉大な写真家の傑作を網羅する初の作品集

家族、砂丘、オブジェ、風景など200点以上を精選した決定版!!



〈推薦〉

愛の人生を正面から写している。植田正治の写真は正実だ。──荒木経惟


好きな人と一緒にいるときに胸に満ちる、あの安心と静けさとじんわりした嬉しさが、植田正治の写真にはある。──畠山直哉



〈監修者より〉

ありそうでなかった全作品を網羅する写真集! 山陰の風土に根ざしながら、国際的な評価も高い植田正治の写真家としての軌跡がありありと浮かび上がってくる。あらためて、その凄みと魅力を味わい尽くしてほしい。──飯沢耕太郎(写真評論家)



存命中に発表された初出をベースに構成されたこの写真集は、植田ワールドがどのように日本の戦後写真史に刻まれたかを等身大に伝えるものである。既発表でありながら、見知らぬ写真がたくさん収められた本書では、新しい植田正治が発見できるだろう。──金子隆一(写真史家)





【著者略歴】

植田正治(うえだ・しょうじ)

1913年、鳥取県西伯郡境町(現・境港市)に生まれる。十代の頃から写真に興味を持ち、その世界に夢中になる。32年、上京し写真学校に通う。帰郷後、写真館を開業するかたわら、さまざまな写真雑誌の月例コンテストで入選を重ね、注目されるようになる。生涯、故郷の山陰地方にとどまり、アマチュア写真家として活動を続けた。なかでも、弓ヶ浜やで鳥取砂丘を舞台に撮影された演出写真は、「植田調」と呼ばれ国際的にも高い評価を得ている。おもなシリーズに〈童暦〉〈小さい伝記〉〈音のない記憶〉〈風景の光景〉〈白い風〉など。1989年、日本写真協会功労賞受賞。1993年、東京にて初の大規模回顧展を開催。1995年、鳥取県西伯郡岸本町(現・伯耆町)に植田正治写真美術館開館。1996年、フランス芸術文化勲章シュヴァリエ受章。2000年没。2013年には、生誕100年を記念して植田正治写真美術館、東京ステーションギャラリー、東京都写真美術館などで大規模な展覧会が開催された。




【監修者略歴】

飯沢耕太郎(いいざわ・こうたろう)

写真評論家・きのこ文学研究家。1954年宮城県生まれ。筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。おもな著書に『写真美術館へようこそ』、『デジグラフィ』、『写真的思考』、『深読み! 日本写真の超名作100』などがある。


金子隆一(かねこ・りゅういち)

写真史家。1948年東京生まれ。立正大学文学部卒業。おもな著書に『日本写真集史1956-1986』、『日本近代写真の成立』(共著)、『インディペンデント・フォトグラファーズ・イン・ジャパン1976〜83』(共著)など。展覧会キュレーション多数。



出典:『植田正治作品集』より